Menu
Close 

      2018/04/11

いつまでも白い羽根1話の感想をチェック!学長には黒い過去がある?

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは〜( ´ ▽ ` )ノ

よこづなです( *`ω´)

 

4月になってなんだかやる気に満ちております・・・!

新学期、新年度という響きからか

気持ちも新たになった感じがしますよね〜( ´ ▽ ` )ノ

今月から頑張るぞ〜!って。

まぁ毎月思ってますけど〜笑

やる気を持続させることが大切ですね( *`ω´)

 

 

さて本題に入ります( ´ ▽ ` )ノ

 

4月7日からスタートした新ドラマ「いつまでも白い羽根」。

わたしはリアルタイムでチェックしましたよ〜!!

本当はテレビをつけたらちょうど始まったので見ただけなんですが

思わず見入っちゃいました( *`ω´)

来週も絶対見る!!!

詳しい感想は後から書きますね!

 

まずは1話のあらすじを公式サイトよりおさらい。

都内にある看護専門学校。木崎瑠美(新川優愛)は、玄関脇のナイチンゲールの像を見上げ、背を向けて帰ろうとしたものの、思いとどまり校舎に入っていった。 瑠美は元々看護師になりたかったわけではなく、大学受験に失敗し仕方なく看護専門学校に入学した。同級生は積極的に話しかけてくる山田千夏(伊藤沙莉)を始め、主婦でふたりの子供を持つ佐伯典子(酒井美紀)や一流大学の法学部を出ている遠野藤香(さとうほなみ)など経歴や個性だけでなく、世代もバラバラだった。 清拭、洗髪、ベッドメイク…たくさんの実習。不器用ながら看護師を志す気持ちだけは人一倍の千夏に、瑠美は居残り練習に付き合わされる毎日。

ある日、千夏に強引に誘われ渋々参加した合コンで、瑠美は嫌味な発言を繰り返す女子大生にずばりと文句を言って場の空気を壊してしまう。千夏の幼馴染・瞬也(瀬戸利樹)はあっけにとられてそんな瑠美を見つめていた。その場を後にした瑠美に、千夏は「強い人といれば、自分も少しは強くなれそうな気がする」と嬉しそうに話す。一方、瑠美は千夏の瞬也への想いに何となく気づいていた。 瑠美が自宅に帰ると、そこにいるのはパート帰りの母・智子(榊原郁恵)と、失職したあげく部屋に引きこもる父・信吾(春田純一)の姿だった。 瑠美たちは肺がんのオペ見学実習に臨む。初めて見る本物の手術に圧倒される瑠美たち。

その時、いつも優秀で動じなさそうな遠野がその場に倒れてしまう。瑠美が藤香を外に連れ出すと、通りかかった研修医の菱川拓海(清原翔)が手を貸す。この時の出会いが、後に瑠美にとって大きな意味を持つことになるのだが…。 瑠美や千夏からすれば、佐伯も不思議な存在と言えた。まだ子供が幼く手がかかる佐伯にとって、看護学校に通うのは相当に困難なはずだった。なぜそこまでして看護師を目指すのか?すでに出席日数が足りず、担任の波多野みどり(宍戸美和公)は校長の番匠光太郎(加藤雅也)に佐伯のことを報告。番匠は、看護師不足の折、主婦でもやる気があるなら看護師を目指してほしいという考えで、波多野には前向きなサポートを指示する。引き受けた波多野だったが、同世代の女性として、胸の奥では暗い気持ちが渦巻いていたのだ。

そして、ある日の授業の後、事件が起こる。

 

看護学生の自身の心の中や、家庭の事情、学校の問題から恋愛などなど

様々な問題が絡み合う中で

夢に向かうまっすぐな白い心を持ち続けられるのか。。。

本当に今後がきになるドラマでした!!

 

以降1話の感想を書いていきますので

多少のネタバレがあります!

 

勉強もできてズバッとしっかりモノを言う新川優愛演じる木崎瑠美と

一生懸命だけど失敗が多く気が弱いので言わずに我慢しちゃう伊藤沙莉演じる山田千夏。

正反対なような2人だけど、2人とも優しくまっすぐな心の持ち主。

様々な問題の中で、白く清い心のままで居られるのかなぁ・・・

 

千夏の幼なじみで、好きな人瞬也は瑠美のことが好きになってしまったようで

瞬也は千夏の気持ちも知らずに、瑠美のアドレスを千夏に聞き、

その気持ちに気づいていた千夏は、アドレスを教えてあげるんですが

今後どうなるのやら・・・

千夏はドラマ内で「嫉妬は一番醜い感情」と言っていましたが

その感情が芽生えてしまうんじゃないかなぁ・・・・

と心配。醜いとわかっていても感情は抑えれるモノでもないですもんねぇ´д` ;

 

Sponsored Link


 

公式サイトで相関図を見ることができるんですが

その他の人間関係も結構ゴチャゴチャしそうな感じなんですよね〜・・・

 

私が一番気になったのは、校長の過去について

副校長が言った「変わりましたね校長も。あの頃と今、どっちが本当のあなたなんですか?」や

校長が医師の菱川に低いトーンで言った「人はいつまで白いままでいられるんだ」という言葉が

なんだか校長の黒い過去をほのめかしているような感じがしました。。

2話の予告(下に動画あり)の中で

「あれは先生の医療ミスじゃありません」というセリフが関係しているように思いました。

公式サイトの2話のストーリーに瑠美の看護士学校仲間の遠野について

彼女は幼い頃、医療ミスで妹を亡くしていた。

ミスを犯した医者を見つけ出す――そのことこそが、遠野が法学部を出て再び看護専門学校に通う理由だった…

と書いてあったので、この2人が因縁の2人なのかな??

とか勝手に予想しています。笑

もう早く来週にならないかな〜笑

 

あと、教員の波多野が2児の母で看護師を目指す佐伯に向かって嫌味っぽく言った「無理をしなくていいんじゃないの」という言葉に対して

瑠美が言った「無理をして何が悪いんですか!無理をしていきたい人生が生きられるのなら、私は無理をしていきたいと思う。それのどこがいけないんですか!」

という言葉が、なんだかぐさっと私の胸に・・・笑

 

私は何をしているんだ!!という気持ちになりました。笑

 

 

明日はしっかり家を片付けて溜めまくっている書類の整理をしようと思います。笑

 

私の感想だけでは、物足りない方も多いと思うので

最後にツイッターの感想も少しまとめてみます( ´ ▽ ` )ノ

 

https://twitter.com/7vy6r2O2BlS34sJ/status/982647384285917185

結構看護学校出身の方の感想ツイートが目立ちました^ ^!

やっぱり現実はもっと厳しいのか・・・

他には

https://twitter.com/hoshidora_aya/status/982645729364623360

 

のような来週も見るぞー!ってツイートもたくさんありました( ´ ▽ ` )ノ

私も来週も絶対見る〜!

 

最後の最後に2話の予告動画載せておきます(*^o^*)

https://twitter.com/fujitv/status/982398607880945664

今回見逃した方も、FODでチェックできますので

ぜひ来週見てみてください( ´ ▽ ` )ノ

 

それではまた👋

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© Yokozuna blog , 2018 All Rights Reserved.